桐嶋永久子を考えてみる

今回は2014(平成26)年5月22日発売の『抑えきれない性欲、止まらない潮吹き 旦那と子供の在宅中に濃密自宅セックスに溺れる元女子アナウンサー 桐嶋永久子 44歳』をご紹介しましょう。

女子アナ桐嶋永久子のデビュー作

on 2014年6月18日

元報道系の女子アナ桐嶋永久子のデビュー作『ディープス15周年特別作品 構成・高橋がなり×監督・マメゾウ ドキュメント アナウンサー 桐嶋永久子デビュー ~彼女はテレ○系列の放送局に1993年~1998年まで在籍。地上波では放送することの出来ない、本物アナウンサーが見せたかった‘本当の自分’をご覧下さい~』をご紹介しましょう。

発売日は2013(平成25)年12月5日で、この作品から桐嶋永久子の新しい人生が始まったのです。

パッケージ写真をみると濃紺のスーツをキチンと着用した桐嶋永久子が映っています。

報道局のエリート淑女アナウンサーが何故アダルトビデオに転身したのでしょうか?この作品にはその答えが隠されています。

アダルトビデオの世界とはこれまでは無縁の生活だったでしょう。

そんな桐嶋永久子が人前でオールヌードになってセックスするシーンを撮影されるのです。

そんな姿を一部始終捉えている衝撃的なドキュメンタリーになっています。

桐嶋永久子は有名国立大学を卒業して女子アナになりました。

放送局の報道・制作部などを経てアナウンサー・ニュース解説者として大活躍しました。

その後、結婚をしてご主人の転勤をきっかけに退職してフリーのアナウンサーとして転身します。

人妻でもありアナウンサーでもある桐嶋永久子は43歳ですが、彼女の豊満な肉体や奔放なセックスシーン。

こんなにスケベな女性が固いニュース報道をしていたのでビックリしちゃいます。

このギャップに多くの男性はフル勃起させてしまうのです。


Comments are closed.