桐嶋永久子を考えてみる

今回は2014(平成26)年5月22日発売の『抑えきれない性欲、止まらない潮吹き 旦那と子供の在宅中に濃密自宅セックスに溺れる元女子アナウンサー 桐嶋永久子 44歳』をご紹介しましょう。

わたくし、淫語セックスをはじめさせていただきました

on 2014年6月1日

桐嶋永久子の第3弾作品『テレ◯系列報道アナウンサー 桐嶋永久子 専属契約第3弾!わたくし、淫語セックスをはじめさせていただきました。~報道アナウンサーとしての心得を活かし、『ち○ぽ』『おま○こ』などの放送禁止用語を視聴者の皆様に正確に伝えます~』をご紹介しましょう。

アナウンサーがヤバイ用語を口にするだけでもドキドキしちゃいますね。

それも報道系のニュースを担当していた女子アナですから衝撃的です。

本物のアナウンサーだから演技ではないのです。

だから巷の男性ファンたちの話題になりブログとかTwitterでも感想がアップされています。

桐嶋永久子に隠語を言わせてみたい——そう考えていたファンたちも多かったでしょう。

そういった夢がかなえられたのがこの作品です。

知的でインテリジェンス溢れる元女子アナの口から「チンポ」「オマンコ」「ビラビラ」「金玉」……淫語や卑猥な言葉をどんどんと口にします。

アダルトビデオ女優が言ってもさほどのことはないですが、さすがに元女子アナの熟女が言うとドキドキしちゃいます。

フェラチオの解説をしたり放送事故になってしまう淫語報道シーンもみどころたっぷりです。

パケット写真は白いスーツ姿の桐嶋永久子がスタジオの椅子に座っているシーンです。

グラマーな身体を隠しきることはできないです。

放送しながらの座位では子宮の入り口に肉棒ががんがんと当たって原稿を読むのが乱れます。

こんなに長い時間チンポにマンコを突かれたのは初体験だったようです。


Comments are closed.